競馬

競馬予想のポイント7選

競馬を予想する上で
丑 が意識してるポイントを
紹介します。

人それぞれで大切にするポイントは違うけど
辿りつく答えが一緒やったら嬉しいなー。

こんな予想の仕方もある、と
知ってもらえたらなと思います。

ぜひ、皆さんが大切にしている
予想ポイント、も教えてくださいね。

ポイント紹介

ポイント① 格

馬それぞれの格

G1を勝ってるとか
OPに上がったばかりとか。

基本は格落ちの馬を狙う。

G2のレースに
前走G1を走った馬が出る。
OPのレースに
前走G3を走った馬が出てるなど。

特に、最高峰の舞台G1から
格下のG2以下のレースに出る馬に注目。

1軍で活躍出来なかった人でも
2軍では活躍出来る、
みたいな感じかな。

逆に
2軍で活躍しても
1軍に上がると通用しなかったり
経験が必要やったりする。
そんな感じ。

上から下に落ちてきた馬は狙い目。

ポイント②ピーク

一流の競走馬は4歳でピークを迎える。

3歳以前のG1で
2着までにきた事がある馬の
4歳シーズン。

実力がある馬のピークの時を狙う。

これが5歳になると
活躍出来なくなるから
競馬は面白い。

最近だと
サトノダイヤモンド
ワグネリアン
レイデオロ
など。

いずれも好きな馬。
だけども
買うのは4歳までにした方がいい。

3歳秋以降に
G1で2着までに来た馬なら
5歳までピークが続く馬もいる。

キタサンブラック
キセキ
など。

ポイント③距離

競走馬は日本ダービーを勝つために生まれてくる、
と言っても過言ではないはず。

ダービーは東京芝2400㍍。
この距離が王道。

この距離を走れず淘汰された馬が
距離を短縮していく。

なので
レベルが高いのは
2000㍍から2400㍍を走っている馬。

長い距離(レベルが高い)から
短い距離へ
距離短縮してきた馬を狙う。

単純に距離が短くなった方が
走りやすい、という事もある。

私たちも
400㍍走の後に100㍍を走るのと
100㍍走の後に400㍍を走るのでは
距離が短くなる
前者の方が楽じゃないかな、と思う。

ポイント④ リピーター

そのレースを好走した事のある馬。

馬も人間と同じで
得意なコースや距離、季節がある。
大谷翔平が6月に打撃爆発、
みたいな感じ。

特に洋芝や長距離など
珍しいコースでは有効。

函館2歳S⇒函館スプリントステークス
みたいな違うレースだけど
似ているレースにも
リピーターは当てはまる。

ポイント⑤ 騎手

G1ではG1を勝った事のある騎手。
重賞では重賞を勝った事のある騎手を買う。

どちらかと言うと
買わない騎手がいる事で
買う馬を絞れるという事が大切。

ポイント⑥ 勢い

前走を圧勝した馬を買う。

勝った勢いで次走も通用する事がある。

ジャスタウェイやモーリスなど
自身が連勝期間があった馬の子供には
特に勢いは注目。

基本は格落ちの1戦を狙うが
勢いがある馬に限っては
格上挑戦でも期待出来る。

ポイント⑦ その他

調教やラップタイム、血統など。

幅広い視点を持って予想したいところ。

まとめ

人それぞれ予想のポイントが
あると思います。

ぜひ、皆さんが大切にしているポイントを
教えてください。

ゆったりまったり競馬を楽しみましょう。

あなたの道が拓いて実りますように。