競馬

競馬での失敗談3選と解決方法

20歳から競馬を始めて
もうすぐ13年。

たくさんの失敗をしてきました。

そんな失敗を記すことで
競馬に興味のある方の参考になれば。
競馬好きな方には、あるあるーとなればと思います。

失敗① お金がなくなる

収支をつけはじめたのは
2018年9月から。

以降はオープンクラス以上のレースでの収支を
つけている。

2018年10月は約2万円
2018年11月は約5万円
2018年12月は約6万円
負けていた・・

2018年12月は8万2千円をかけている。

今、見返してもビックリ。

介護職である私の当時の手取り収入は20万円ちょっと。
生活資金を超えた金額を競馬にかけて
お金を失っていた。

しかも、収支表に記載しているのは
オープンクラス以上のレース成績のみ。
競馬場に行ったりWINSで買った
平場のレースもあったはずなので
もっとたくさんのお金を失っている。

これはヤバい・・・

解決策① 目的を明確にする

競馬をする目的をしっかりさせる。

競馬は勝てない。
競馬ではお金は増えない。

競馬の楽しさは
予想をして当てる事。

ここをしっかりさせることで
掛け金を減らすことが出来た。

負けたらカッとなって
他のレースで取り返そうとしてしまう。
取り返す、とゆう事を諦める。

なぜなら
お金を得るために競馬をしている訳ではないのだから。

解決策② 掛け金を決める

レースでかける金額を決める。

今は騎手によって多少金額を変えたり
G1レースだけは少し多めにかけたりしている。

金額を決めることで
お金を使いすぎることはなくなる。

以前の考えでは
プラスになったら掛け金を増やせる!
マイナスになったら取り返す為に掛け金を増やす!
となっていた。

この考えを無くせると、競馬を楽しめる。

解決策③ 収支表をつける

スマホアプリで収支表をつける。

収支表を見ると、冷静になれる。

収支表をつけないと
湯水のようにジャブジャブとお金を使ってしまう。

収支表は必ずつけた方がいい。

失敗② 時間をかけすぎる

以前は競馬の前日にスポーツ新聞を購入し
マクドナルドでコーヒーを飲みながら予想をしていた。

それ以外にもネットの競馬ニュースを毎日チェック。

気付いたら、競馬にかける時間が長くなっていた。

解決策① 予想の型を作る

私はレースで1頭の馬の単勝と複勝を購入する。

自分の予想ポイント(こちら で紹介しています)に
当てはめて、型にはまる馬を買う。

そうする事で予想をする時間も減り
他の事に時間を使えるようになった。

大切なのは、自分の型の精度を上げる事。

毎日素振りをする様に
経験を積んでいくうちに
自分の型は磨かれていく。
自分に合った正しいフォームを続けていれば
ホームランを打てるはず。

失敗③ 推し馬を買い続ける。

推し馬がいると競馬が楽しくなる。

私の過去の推し馬は
メイショウマンボ
ワントゥワン

好きな馬たちで
レースに出る度に買っていた。

そして、負け続ける・・

一度、馬券が当たった馬を買い続けるのも
競馬あるあるだと思う。

そして、負け続ける・・

解決策① 推し馬は見て楽しむ

推し馬と馬券を買う馬は分けて考える。

馬にはそれぞれ得意な条件がある。
距離やコースや季節など。

推し馬といえど、条件が合わないレースでは買わない。

買わずに後悔する事になりそうで、つい買ってしまうが
そこは我慢が必要。
ぐっと堪えて、自分の型を磨く。
これが大切。

好きな馬や好きな馬の子ども。

これらを応援するのも競馬の楽しさ。
血は繋がっていく。

だけど、馬券とは分けて考えていこう。

まとめ

失敗談と解決策をまとめました。

皆さんの失敗談や解決した方法も
是非、教えてください。

競馬をゆったりまったり楽しみましょう。

あなたの道が拓いて実りますように。